物を捨てる事ができる人とできない人

2020年03月01日 15:16
カテゴリ:minimal

皆さん、物を捨てるときどうやって判断していますか?

また捨てづらい時はどうやってどう踏ん切りをつけますか?

もしと考えると捨てれない!と言う方も、捨てれない自分を受け入れて、別の発想を取り入れることをお勧めします!

自分の物なのに


実家で暮らしていると、結構物が溢れることありませんか?

我が家では割と物が溢れているのにこう言うことがありました。

去年の秋の衣替えの時、いらない衣類を捨てる大掃除しています。

その際に親からもらっていたお土産のTシャツ。

流石に恥ずかしくて部屋着として使っていましたが、

何をしてそうなったのかわかりませんが、穴が空いてて捨てる事を決意しました。

いらない衣類を集めてる場所におきました。


そして翌日


…?

自分の普段着ている服の所に戻っている・・・

親にすかさず聞きました。

藤「あれ?これ捨てたはずなんだけど?」

母「これは捨てれないでしょー。思い入れがある物をなんでそんなすかさず捨てるの」

藤「いやいや、だってこれ穴空いてるんだけど。いくら部屋着でもこれは着れない」

着る着ない自由は藤の権利なのになぜ戻す…

母「もー貰ったんだから大切にしなさいー」

いや…藤は着ないから捨てたんだが…

この後、押しつけ返されましたが、結局親の目を盗んでこっそり捨てました。

それぞれに違う考え方


家内だけでも両極端に意見が分かれますよね。

今回の場合は

・見栄えが無くなったらすぐ捨てる飽き性派

・思入れ補正が強いと捨てれない物持ちが良い派

あえて長所短所含めたような表現にしました。

私はどっち付かずなところがありますが、衣類に関しては圧倒的前者ですね。

父親、母親はガチガチの後者派で、気に入ったらめちゃくちゃ色褪せた古い服を普段着ていて、

藤からしたら、外にいる時ぐらいはカッコいい親でいて欲しいわけですね。

とは言え、もう歳だからそう言っても聞いてはくれなさそうなので、この話はこれで置いて置きますが…

捨てれない派の非常に危険な思考は、拗れすぎるとゴミ屋敷になりかねない訳ですね。

親はともかく自分はそれだけはなんとか回避したい。


捨てるには環境を変えることが一番!


物を捨てるためにはとりあえず環境を変えるしか無いです。

とは言え、藤は昔は結構…いや、だいぶ掃除が苦手でした。

今でも油断したら散らかります。

気持ち的には掃除しないとな〜と思っていても、

そう人ってなかなか変わらない訳ですよね。

人の意識を変えるには以下の環境を変えない限りは本質は変わらないと言われてます。

・暮らすための環境

・人間関係の環境

極論言えば、自分と関わる人を一掃して、新しい場所へ引っ越す。それが理想だそうです。

でもそれって、結構ハードル高くないですか?

だから、ちょっと藤の場合は暮らすための環境に、『目標』を置くことにしたのですが、それが結構効果がありました。それが…


『猫を飼う』

これだけです。

もっと詳しく言うと、『ペットを飼える環境を整える為に部屋のレイアウトを考える』です。

以前から猫を飼いたいと言う話はあちこちで話をしていたのですが、それはさておき、ペットを部屋で飼うには何をしたらいいのか考えたら、最低でも以下の三点が思いつきました。

・床に物を置かない。積み上げない。

・危険物は安全な場所に収納する。

・飲食物は台所で済ます。

基本的なことなんですが、再意識させることで自動的に「片付けねば」と言う行動に移せれるようになるんですよ。

しかも猫いないのに(笑)

実際、帰省する兄弟ごとに「部屋、綺麗なってる…どうしたん?頭打った?」とか言われてて、それぐらい劇的に変わリました。

どうしても捨てれない方は


藤の場合は単純なことでだいぶ改善されました。

皆さんも、ぜひより良い暮らす環境を整える為に、一度こうしたいと言うシミュレーションをしてみて、掃除してみてみるといいかもしれませんよ!

また、どうしても捨てれない方は以下の考え方を試してみる事をお勧めします。

・なかなかに使いそうに無いものは、リサイクル、リユース、リフォームを意識する!

・まだ使えそうな物は明日明後日すぐに使うかどうかを考え、使い切ることを意識する。

・思い出のものは写メを撮って捨てる!


三点のうち一番上は藤流マストです。使えるから捨てれない!そういうものなら、それを作り変えたら使いますか?他の方に譲るという手段はありませんか?いろんな視点で考えて、使えるなら譲っちゃう&作り替えちゃえましょう!

※藤にも、使ってないけど将来こういう使い方をする!と断言しているものは残しています。逆に言えば、使い道がないものは使えても捨ててるということです!

使いそうにない物が一番物を嵩張らせる原因になっている事だけ認識すれば改善されると思います!



終わりに


最終的には物は壊れます。直ぐに使わないなら将来壊れても、買い直すことは無いだろうし、生活に絶対に必要では無いと言う事です。


以上 ※藤でした!

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)