紙を減らす取り組み

2020年04月19日 00:55
カテゴリ:minimal

学生時代とは打って変わって、紙と向き合うより、

情報端末機と向き合うことの方が多くなった近年。

職場では未だに紙を出力して提出してますが、

「もう紙いらないんじゃないかな?」と思い立ったのがきっかけで、

最近のマイブームの断捨離は紙の整理から起きた事とでも過言ではないです。

今日は紙の片付けについてお話ししていきます!!

紙は減らす方がいい


日常に紙は溢れかえっていて、皆さんの身の回りも紙が溢れかえってませんか??
紙の整理整頓はいい事がありますよ!


・残してるものの引出しが素早くできる
→単純に物を減らす事で選択肢を減らして、選ぶ時間を短縮できます

・デジタル化する方が必要不要の判断がしやすい
→全体で眺めやすく、パッと見た時に何でこんな物残してるんだ?と気づくことも

・デジタル化したほうが案外残る、紙は唯一のため意外と復旧しにくい
→壊れたときデジタルは複製が取りやすいので万が一の時意外と電子の方が残っていたりします。

・収納はスペースを必要としない。
→情報端末に落とし込む事で物理的に物が残らない為スペースを取る必要がないです

実践


捨てる基準が難しいとおっしゃる方は
実際にどのように断捨離していったのか実経験をお伝えしたいと思います!
先ずは悩むであろう内容について。捨てられない紙もあるかと思います。個人的には

参考書

頂いた絵や手紙

取扱説明書

様々な明細

保証書

ここら辺は捨てるには捨てづらい紙だなと思います。

しかし、下の方法で自分は、

8割ほど処分できました!

デジタル化する


具体的には

絵なら写真、文字や文章ならAppleの純正メモアプリからPDF化を行ないました。

自分の場合は、紙として残っているものといえば圧倒的にノートに描いた落書きが多く

それらも全て写真に取り込みました。

とは言え、一枚ずつ写真を撮るのは面倒なので、

絵も断捨離しました。

今後デジ絵化出来そうなものや、

インスピレーションとして残しておきたい絵、文章だけを残す事が、

自分の取捨選択の判断力が発達させたかと思います。

本・漫画は譲るor売る


整理整頓する時に漫画を兄弟に譲りました。その際に売ってもいいよとも伝えてます。

理由は娯楽を見る事がする事が減ったからです。

確かに構図とかにリスペクトしている漫画を参考する事は

悪く無いと思うんですが、数十巻も必要ないと思いますし、

一、二冊で事足りるかと思い、

各漫画のネーム等々も載っている設定集だけ残した事で二、三冊に収まりました。

どうしても手に入れたい本があるのであれば


これから読んでみたい本があるのであれば藤は二つの事をお勧めします!

・図書館で借りる

・電子書籍を買う

図書館で借りる


基本的に自分は図書館で本を借りています。理由は3つあって

・基本無料

・借りれる期間が決まっているからこそ集中して読める

・一時的しか収納スペースを必要としない

また、ここで貸出延長した上で、何度も借りたいと思うような本や、手元に残したい本と出会ったら電子書籍で探す(もしくは本を買う)事にしています。

電子書籍


自分は本は基本的に此方の方に移行していってます。

理由は上記のデジタル化と似通った面がありますが、

とりあえず収納が不要なのと、いつでもどこでも情報端末さえあれば何でも読める所が効率的で利点だなと思っています。

画面が大きめのiPhone・iPadを使っているので、読みにくいとかは一切ないです。

ただし、電子書籍は各会社で得意としてるジャンルがあるので気をつけて選んでください。

読み直したくなる本は、手元に残しててもいいかも!


それでも紙で読み直したい本があるのであれば家に残す(買い直す)事をお勧めします!

どんなに工夫しても手元に残したいのであればそれはその人の人生の導になってる本なので、無理に手放す必要はないかと思います。

紙のメリット


・紙は出す、使う時は楽。収納・整理・処分には圧倒的に不向き

という、自論があって、何でも「もつ」事を望まない自分には圧倒的に好まない事であり、
ここまで、デジタルを勧めていましたが、

紙は紙なりの良さがあります。

紙は収納には不向きですが「感覚的」に使う事は圧倒的に「楽」です。
デジタル は慣れるまでが大変なので、よく情報機器について行けてない人は遅れを取ってる形になりますね。高齢者になるにつれそういう考えの方が多いです。

更に人によっては紙の香り・触り心地が好きというマニアックな人間がいます。
知人もその一人で、特に出版したての紙は肌触りも匂いも素晴らしいとかなんとか…自分の範疇では無いので何とも言えないのですが、本は木が原材料なので自然そのものの癒し効果があるんですかね?ヒーリング効果が有るのであれば悪くないかも(笑)

そして、何よりここが問題なのですが、読み終えた記憶に残りやすいのは圧倒的に紙媒体の方が良いそうです。
なので、勉強したいという方、参考書は実物見たほうがいいかもしれないですね。
自分の場合はどうしても「知識」として取り入れるときは図書館を利用して、「頭」に入れ込みます。そして、内容が良くて残したい物は電子書籍で買う。絵に関しては図書館すっ飛ばして電子書籍買ってます。

資産は紙だけで無くなった


知識は大事ですが、最近は入手手段が多様になりました。

今はネットに履歴として資産も知識も残っています。

どう受け取るかは人次第ですが、

自分はとりあえず、身の回りを綺麗にできる事から

履歴を主に使う事にしました!

参考になれば幸いです。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)